1.  ≫ 塗装の基礎知識
  2.  ≫ 外壁塗装・塗装工事における職人直営店とは?詳しく解説!

塗装の基礎知識

外壁塗装・塗装工事における職人直営店とは?詳しく解説!

外壁塗装・塗装工事における職人直営店とは?詳しく解説!

皆様は、外壁塗装における「職人直営店」というものをご存知でしょうか?
「職人直営店」を一言で表すなら、「下請け業者のような他業者を一切介さない、完全自社施工の塗装業者」を指します。
そして、職人直営店は社長自身も塗装職人、スタッフも全員職人で、営業マンという業種が在籍しないのです。

つまり、現地調査や皆様との打ち合わせはもちろん、施工からアフターフォローに至るまで、全て自社の塗装職人のみで進めていく「完全自社施工」の業者を「職人直営店」と呼ぶのです。
もちろん宍戸塗装も「職人直営店」です。

「職人直営店はわかったけど、職人直営店を選ぶメリットって何?」と思われる方もいらっしゃると思います。
ここでは、「職人直営店」とよく比較される、「CMや広告で見かける大手メーカー」との違いを見ていきましょう。

職人直営店なら、職人が打ち合わせ・現地調査を行うため最良の提案ができる

皆様が大手メーカーに塗装工事を依頼した場合、実際に塗装を行ってくれる職人と話す機会は実は多くありません。
なぜなら、大手メーカーに依頼すると、「打ち合わせを行うのは大手メーカー所属の営業マン」、「実際に施工を行うのは下請け業者」と、皆様と打ち合わせをする業者と実際に施工を行う業者が違うからです。

実は大手メーカーは、受注した塗装工事は全て下請け業者に流しているのです。

そのため、仮に施工中の職人さんに「ちょっとここをこうしてほしいんだけど…」とお願いしても、「すいません、その指示は元請けから聞いてないので…」と融通が利きません。
また、営業は上手くても実際に塗装作業をしたことが無い人間と打ち合わせをすることになります。

そうなると、一軒一軒違うお住まいの現状を把握して、本当に皆様にとって最良のご提案ができるのか不明です。
やはり塗装のことは、塗装のプロ、塗装職人と打ち合わせをするべきです。

そして、打ち合わせをした業者と施工する業者が違うと、万が一トラブルが発生した際に責任の押し付け合いになる可能性があります。
「指示した」「聞いてない」の繰り返して、いつまでもトラブルが解決しないという事例も実は多いのです。

一方、職人直営店に塗装工事を依頼した場合は、打ち合わせから施工まで全て同じ業者、そして塗装職人が行います。
そのため、打ち合わせの段階からプロの目線で最良なご提案をすることが可能です。

また、打ち合わせから施工まで一貫して自社のみで行うため、皆様との意思疎通も図りやすく、高品質な塗装工事に繋がります。
万が一トラブルが発生した際の解決も早く、急な予定変更にも即座に対応可能です。

大手メーカーと比較して、職人直営店の方が「皆様との密な打ち合わせ」「最適な提案力」「対応の早さ」の全てにおいて勝っているのです。

職人直営店なら、施工品質が常に安定し高品質な塗装を提供できる

例えば、「信頼できる下請け業者1社に全て任せています」と言うなら良いのですが、大手メーカーは大々的にCMや広告を出しており、受注の数も膨大なので1社だけに任せるのは当然不可能です。
となると、大手メーカー1社につき、数十から数百の下請け業者を抱えていることになります。

そして、その下請け業者も様々で、腕の良い職人がいる業者もいれば、社長以外はアルバイトといったような業者も存在します。
問題なのは、「下請け業者によって施工技術にバラつきがある」ということです。

仮に依頼した際に、腕の良い業者が来てくれればラッキーです。
逆に腕がそんなに良くない業者が来てしまった場合は、くじ引きでハズレを引いたようなものですが、皆様は高額な工事金額を支払っているのです。
ハズレでは済まされないですよね。

しかし、大手メーカーにはそんなことは関係ありません。
腕が良かろうと悪かろうと、ただ順番に空いている業者に仕事を流していくだけです。
どの業者が腕が良い、どの業者が職人さんが減って質が落ちた、といったようなことは把握していません。
ただ、安い金額で仕事を受けてくれる業者であればどこでも良いのです。

下請け業者が50社いれば50通りの、100社いれば100通りの品質の違いが出てきますが、当然皆様が下請け業者を選ぶことなどできません。
施工品質が良い塗装工事をしてもらえるか、質の悪い塗装工事になってしまうかは、本当に運任せになってしまうのです。

一方、職人直営店の場合は、下請け業者を一切介さないため、常に施工品質が安定します。
腕のわからない下請け業者の職人を使うことが一切無く、自社の職人の技量もしっかり把握しているのでどの現場、どんな施工内容でも常に一定以上の高い品質の塗装工事を行えるのです。

大手メーカーと比較して、職人直営店の方が「安定した高品質な施工」を皆様にご提供することが可能です。

職人直営店なら、無駄な費用を省いた適正価格が実現可能

費用の面が皆様も一番気にされるポイントかと思います。
結論から先にお伝えすると、職人直営店は「無駄を省いた適正価格で塗装工事を提供することができる」、一方大手メーカーは「無駄な費用が入るので、金額が高額になりがち」です。

大手メーカーは、その知名度で皆様から仕事を受注している訳ですが、知名度を上げるためには多額の広告費が必要となります。
テレビCMや広告などですが、テレビCMだけでも一本出すのに何千万とかかります。
その多額の広告費はどこから捻出されているか、それはもちろん皆様がお支払いになる工事金額からです。

そして、大手メーカーには職人がおらず営業マンしかいないことは上述しましたが、その営業マンにも費用がかかります。
なぜなら、営業マンが仕事を一件受注する度に、その営業マンにはインセンティブ(成果報酬)が発生するからです。

さらに、大手メーカーが受注した仕事を全て下請け業者に流していることも上述の通りですが、下請け業者に仕事を流す際には中間マージンとして工事金額の何割かが大手メーカーの懐に入ります。

まとめると、皆様がお支払いになった工事金額の中から、
・広告費
・営業マンのインセンティブ
・中間マージン
この3つが大手メーカーの懐に入り、残った工事金額が下請け業者に渡され、下請け業者はその金額で実際に工事をすることになります。

具体的な金額で見てみましょう。
上記3つの項目だけで工事金額の6〜7割程度を占めるのですが、例えば150万円の工事金額をお支払いになった場合、約90〜110万円もの金額が工事に全く関係の無い部分に充てられるのです。
そして、下請け業者には残った40〜60万円だけ渡し、「これで工事を終わらせろ」と指示するのです。

本来必要な工事金額の半分にも満たない費用でまともな工事ができる訳がありませんよね。
なので下請け業者は嫌々ながらも手抜き工事を行い、無理矢理にでも工事を終わらせる必要があるのです。

逆に、本当に150万円分のしっかりした工事を行おうと思えば、下請け業者に150万円が渡るように計算しないといけません。
下請け業者が3〜4割、不要な費用が6〜7割なので、合計すると350万円〜というぼったくりのような工事金額になるのです。

まとめると、大手メーカーに依頼すると「工事金額に見合わない手抜き工事」「あり得ない高額な工事金額」の2択しかありません。

一方、職人直営店は、CMを出したりもしませんし、営業マンがいないのでインセンティブも不要、下請け業者も介さないので中間マージンも不要です。
つまり、大手メーカーの無駄な費用が一切発生しないのです。

そのため、皆様からお預かりした工事費用は、丸々しっかりと工事に充てることができ、工事金額に見合った適正な塗装工事を行うことができるのです。
大手メーカーと同等の施工内容なら3割以上安く、同等の工事金額ならツーランク以上高い施工品質が実現可能になります。

職人直営店のデメリットとして、広告も出さず営業活動もしないので、どうしても知名度が低いことが挙げられます。
しかし、職人直営店にしか実現できない施工品質、工事金額があります。

適正価格で高品質な塗装工事をしてほしいという方は、職人直営店1択なのです。

 宍戸塗装は、地元宇都宮を愛し、塗装を通して宇都宮の街をもっともっと綺麗で明るい街にしようと日々精進しております。