宍戸塗装は、栃木県宇都宮市を中心に栃木県全域で活躍する、外壁塗装の職人直営店です。
外壁塗装・屋根塗装・内装塗装・木部塗装・鉄部塗装・防水塗装など、塗装に関する工事ならどんな施工でも承っております。
塗装のプロフェッショナルとして、塗装職人のプライドに懸けて、必ずご満足いただける塗装工事をお届けするとお約束します。
栃木県宇都宮市近郊での外壁塗装・屋根塗装・防水塗装など外壁リフォームは、ぜひ宍戸塗装にご用命ください。

  1.  ≫塗装の豆知識
  2.  ≫ 外壁のチョーキング現象とは?原因と対処法を解説

塗装の豆知識


外壁のチョーキング現象とは?原因と対処法を解説

2022/12/19

チョーキング現象は、外壁や外壁塗装の劣化症状の1つです。
しかし、チョーキング現象が起こっているかの見極め方や、チョーキング現象が起こる仕組みについてはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、チョーキング現象がどういうものなのかについて解説しています。
チョーキング現象が起こる仕組みや、放置しておくとどうなるのかについても紹介していますので、外壁に異変を感じた時は参考にしてください。

外壁のチョーキング現象とは

外壁のチョーキング現象とは、塗装されている外壁の表面の合成樹脂が紫外線などで劣化して、塗料に含まれている顔料が、チョークの粉のようになって表面に現れてくる現象のことです。「白亜化現象」とも呼ばれています。
外壁に触ると、色のついた粉が手などに付着するようになります。

付着する粉は白いことが多いです。違う色の場合もありますが、外壁の塗装と似た色の粉末であればチョーキング現象の可能性が高いでしょう。

チョーキング現象は粉がつくというわかりやすい特徴があるので、業者でなくても比較的気づきやすい劣化症状と言えます。

外壁のチョーキング現象の原因

外壁のチョーキング現象の原因は、以下の2つです。

・塗膜の劣化

・施工不良

それでは、詳しく解説します。

塗膜の劣化

塗膜とは、外壁に塗った塗料が固まることでできる膜のことです。
この塗膜があることで、建物を雨や風、紫外線から保護することができます。しかし、長時間雨や風などにさらされ続けていると、当然ながら塗膜も劣化していきます。そうして発生するのが、チョーキング現象です。

チョーキング現象は前述の通り、塗料に含まれる顔料が原因となります。それではなぜ、塗膜の劣化によって顔料が表面に現れるのでしょうか。

実は、外壁塗装に使う塗料には、顔料の他に樹脂と添加剤という物質が混ぜられています。それぞれ、顔料は色をつける働き、樹脂は塗膜を形成する働き、添加剤は顔料と樹脂を上手く機能させる働きを持っています。そのため、雨や風などで塗膜が劣化してくると、同時に樹脂も劣化してくるというわけです。

樹脂が劣化して分解されると、本来混ざっていた顔料も粉状になって浮き出てきます。これがチョーキング現象なのです。

以上の仕組みから、チョーキング現象が起こると、塗膜の建物を保護する働きも弱ってきているということがわかります。そのため、チョーキング現象が起こった場合は早急に対応を検討しましょう。

施工不良

チョーキング現象が起こるもう1つの理由として、業者の施工不良が挙げられます。
チョーキング現象の原因のほとんどは前述の塗膜の劣化だと考えられますが、まれに施工不良が原因のこともありますので注意が必要です。

本来、基本的な手順を守って塗装をおこなえば、塗料のメーカーが定めた年数はチョーキング現象なども起こらず使用可能です。しかし、業者が手抜き工事などをおこなうと、すぐに劣化症状が出てくることがあります。

業者選びの際は注意して、信頼できる業者に任せるようにしましょう。

外壁のチョーキング現象の対処法

外壁のチョーキング現象の対処法は、新たに外壁塗装をおこなって塗り替えをすることです。
チョーキング現象が発生しているということは、外壁を守る防水性や撥水性が低下しているサインです。
放置していると、塗膜の劣化が進行して防水性が著しく低下し、外壁材が水分を吸収してひび割れなどの原因となります。
そうして生じた隙間から雨水が入りこんで雨漏りの原因となったり、外壁材の下地など家の内部など躯体部が腐食する可能性があります。

日本の戸建ての外壁の7割以上を占める窯業サイディングは主な素材がセメントで、吸水性が高いため表面を塗装することによって防水性を確保しています。
塗装が劣化して防水性を失うと外壁材が水を吸い込んで、吸水と乾燥を繰り替えすことでひび割れや反りなどの変形を起こします。

チョーキング現象を放置したからと言ってすぐに被害がでるわけではありませんが、放置してしまうと劣化が進行して気づいたら外壁材に傷みや雨漏りが発生していたということも珍しくありません。

もしも家自体に被害が出てしまうと、補修も大がかりになり費用もかかります。塗装だけであれば費用を抑えることができますので、チョーキング現象が現れた段階で補修しておくのが安心です。

チョーキング現象を補修する際は、専門の業者へ依頼しましょう。業者では診断からおこなってもらえるので、適切な塗装工事を施すことができます。さらに、発生した粉を除去したうえで塗装し直してもらえるので、仕上がりも綺麗です。

以上の理由から、確実な方法で美しく補修するのであれば業者へ依頼するのがおすすめです。

まとめ

外壁のチョーキング現象は、以下の2つが原因で引き起こされます。

・塗膜の劣化

・施工不良

チョーキング現象は、塗料に含まれる樹脂が劣化し、顔料が表面に浮き出ている状態です。
塗膜が劣化して防水性が低下しているサインですので、早めに補修を検討してください。放置していると外壁材や雨漏りを起こして家自体が劣化してしまう可能性があります。チョーキング現象に気づいた場合は早めに業者へ相談して、診断や補修をしてもらいましょう。

宍戸塗装では、地元の宇都宮市を中心に外壁塗装・屋根塗装などの塗装工事をおこなっております。職人直営店のため、余計な中間マージンがかからず適正価格にて塗装工事をおこなうことが可能です。

宇都宮市の塗装工事、また塗装に関するご相談は宍戸塗装にお任せください!

現場住所
施工内容
施工箇所詳細
施工期間
外壁使用塗料・塗料色(下塗り)
外壁使用塗料・塗料色(上塗り)
屋根使用塗料・塗料色(下塗り)
屋根使用塗料・塗料色(上塗り)
工事金額

施工対応エリア

栃木県宇都宮市を中心に栃木県全域対応!

栃木県宇都宮市を中心に、真岡市・日光市・さくら市・栃木市・鹿沼市・塩谷町・高根沢町など近隣地域から栃木県全域

宍戸塗装の外壁塗装は栃木県宇都宮市を中心に栃木県全域対応可能

お問い合わせ

現地調査・お見積もりは無料!!

宍戸塗装に興味を持たれましたら工事規模の大小問わず、まずはお気軽にお問い合わせください。
お客様に喜んで頂ける事を第一に、塗装のプロフェッショナルとして、塗装職人のプライドに懸けて、ご依頼頂いた塗装工事の一軒一軒に真心を尽くします。

宇都宮市での外壁塗装の電話問い合わせ・ご相談は0800-888-6058 宇都宮市での外壁塗装のメール問い合わせは24時間受付中
宍戸塗装は、地元宇都宮を愛し、塗装を通して宇都宮の街をもっともっと綺麗で明るい街にしようと日々精進しております。